私が普段から思っていること

日本人は海外の人たちに比べて、私が思うにまつげの長さが短い人が多いのかも?と思っているんです。
調べてみたら、それは本当らしくて、人種の違いが原因のようです。

それを知ってから、少し安心したんです。
私だけが特別にまつげが短くて、量も少なかったわけじゃなかったんだ、ということがわかったから。

睫毛の長さはもちろん、本数やカールの具合も欧米の人と比べると違っているようです。

私のまつげは、本当に日本人らしい睫毛だった、ということですね。

不思議なんですが、母親の睫毛はふさふさで、それに私はまったく似ていません。
たぶん、父親に似たんでしょうね。
父親は、睫毛がほとんど見えないんです。

同じ日本人なのに、両親でこんなにも違うのか、と思うほど、睫毛に違いがあるんです。
まつげに限らず、まったく異なっている所がたくさんあって、私は父に似た部分と母に似た部分が場所によって違って出てきています。

私のまぶたが厚いのは、父親に似ました。
母親のまぶたは、本当に薄くて、二重どころじゃなくて、三重、四重といえるくらいになっています。

不思議なんですが、なぜまつげなどは、人種によって違いが出てくるのでしょうね。

トップページへ戻る